「子どもの貧困問題」に関する研修会開催について(ご案内)

2018年03月29日

「どうして私だけ・・・」「どうして僕だけ・・・」 様々な理由で貧しい生活を余儀なくされている子ども達がいます。充分な食事が取れない。必要なものが買えない。アルバイトに時間をとられ、勉強や部活動が出来ない。日本においては6人に1人が相対的貧困状態であると言われています。貧しさは子ども達の心を壊し、未来を奪い、貧困の連鎖へと繋がります。そんな子ども達を支援するために今何が求められているのでしょうか?私たちに出来ることはないのでしょうか?これまで実際に子どもの貧困問題に関わってこられた方々のお話をお聞きしながら考えてみたいと思います。

 

 

 

2017年度教区教化委員会幹事会主催
「子どもの貧困問題」に関する研修会開催について(ご案内)  

 


 謹啓 陽春の候、各位におかれましては、日頃より教区教化事業にご尽力賜っておりますこと、厚く御礼申しあげます。

さて、教区教化委員会幹事会では、青少幼年部より問題提起された、現在6人に1人と言われる「子どもの貧困問題」について鋭意協議をかさね、本年度は課題共有するための研修会を開催する運びとなりました。

このたび、宮城県石巻市を中心に、主に経済的に困窮していたり養育環境が整わない子どもたちなどに宿題や夕食を食べて過ごす支援や、学校・地域と協働し、小学校区内に子ども食堂など「こどもの居場所」をつくる取り組みをしている「NPO法人TEDIC」より講師をお迎えし、「なぜいま子ども食堂が必要とされているのか?」、「子ども食堂運営にあたっての保健・衛生管理、保険制度加入について」を中心に、「子どもの貧困問題」についてのお話をお聞きします。また、実際に仙台市宮城野区内で「子ども食堂」を展開されている「宮城野子ども食堂」代表の高橋悦子氏もお迎えし、現場の生の声もお聞きする予定です。

つきましては、上記趣旨をご熟読いただき、万障お繰り合わせのうえ、多くの方にご参加いただきたくご案内申しあげます。

           敬 具

1 期  日  2018年 5月11日(金)13:00 ~ 17:00(終了予定)

 

2 会  場  仙台教務所 2階 研修室

 

3 テ マ  「子どもの貧困問題について」

4 講  師  門馬  優 氏(NPO法人TEDIC 代表理事)

 

        高橋 悦子 氏(宮城野子ども食堂 代表)

 

5 日  程  11:00~ 映像研修(※事前学習用映像を流します。)

 12:00~ 休憩・昼食(※昼食は各自)

13:00~ 開講式

               教区教化委員長挨拶(清谷 真澄)

               趣旨説明(幹事会:金  暁正)

13:10~ 講義①(NPO法人 TEDIC代表理事:門馬 優氏)

               「なぜいま子ども食堂が必要とされているのか?」

14:10~ 休憩

        14:20~ 講義②(宮城野子ども食堂:高橋 悦子氏)

               「子ども食堂運営にあたっての保健・衛生管理、

保険制度加入について」

15:20~ 質疑応答

        15:40~ 休憩

        15:50~ 講義③(宮城野子ども食堂代表:高橋 悦子氏)

               「子ども食堂と食育について」

16:30~ 質疑応答

        16:50~ 閉講式

               閉講の挨拶(幹事会:磯崎 信光)

 

6 対象・参加費  どなた様でも無料で聴講できます。

 

7 お問い合わせ  仙台教務所 担当:江口・鷲嶺 まで

 ℡022-297-2824

           E-mail sendai@higashihonganji.or.jp



 


幹事会