青少幼年部

第15回仙台教区「こどものつどい」in土田畑村

主催部門名:青少幼年部

事 業 名:第15回仙台教区「こどものつどい」in土田畑村

テ ー マ:「みんなともだち」

開 催 期 日:2018年 8月21日(火)~8月22日(水)

 宮城県遠田郡美里町を会場に、今年で15回目となる夏の「教区こどものつどい」が開催されました。
 今年度の「こどものつどい」では、美里町の玉蓮寺での奉仕活動や、会場の土田畑村で1泊2日をかけてのレクリエーション活動を行い、日程の中でひとりひとりが「みんなともだち」というテーマを考え、行動しました。

 初日は炎天下の中でしたが、レクリエーション活動を楽しんだ後、夕食は各班でカレーを作り、スタッフによる焼き鳥やウインナー、すいかなども美味しく頂きました。夕食中、たまたまお隣りの老人ホーム主催の打ち上げ花火大会があり、それを鑑賞しながらの夕食となったので、思わぬサプライズにみんな大盛り上がりでした。

 また、夕食後にはナイトウォークを行い、班のメンバーで一致団結して問題を解いたり、宝箱の番号探しをしたり、最後にはご褒美として手持ち花火を行ったりと、夏休み最後のひと時を楽しく過ごしました。

 翌日は近くの体育館でミニ運動会を行った後、昼食のお弁当を食べて閉会となりました。

 仙台教務所で解散する際、多くの子どもたちが別れに悲しむ姿が見受けられました。今回のつどいで「みんなともだち」というテーマを受け止めた姿だったのではないかと、スタッフ一同感じております。

 子どものつどい終了後は、反省会を行い次回開催にむけての改善点などを話し合いました。

 青少幼年部では、今後も教区内の青少幼年教化充実に向けて、鋭意努めてまいります。

(報告:青少幼年部)

2018/08/29