毎月抽選で2家族を大沢温泉湯治屋へご招待
 
問い合わせ先
「真宗大谷派 仙台教務所」 

真宗大谷派 仙台教務所

保養事業「そうだ!岩手の温泉に行こう。」の再開について(ご案内)

平素より真宗大谷派主催の保養事業に格別のご高配を賜っておりますこと、厚くお礼申しあげます。 2011年3月11日発生の東日本大震災後、全国の様々な方のご理解とご協力をいただきながら開催してまいりました各保養事業は、新型コロナウイルスの感染拡大状況を受けまして、本年4月から現在まですべての企画を中止いたしましたが、2021年3月より本企画を再開する運びとなりました。
 
なお、今回の再開に際しまして、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、参加される方にご留意いただく項目がございますので、必ずご確認・ご了承のうえで申し込みください。
 

≪参加申込に際しての留意点≫

・申し込みは同居するご家族単位でのみ可能です。なお、申し込みに際しては家族全員の了承を必ず得てください(留守番する家族も含みます)。
・自宅と会場間の移動は感染リスクの少ない交通手段を選択ください(自家用車の利用を推奨します)。
・参加者は「うつらない」「うつさない」ために各自で感染対策を徹底してください(数日前からの検温やマスクの着用、手指の消毒など)。もし、開催当日に体調が不良な場合は必ず参加をキャンセルください。
・宿泊場所となる旅館等が実施するコロナ対策に必ずしたがってください。
・当選しても、居住する自治体及び開催地の自治体の自粛要請などが出た場合は必ずしたがってください。また、感染拡大状況によっては直前に事業を中止する場合がありますのであらかじめご了承ください。
・参加後2週間以内に新型コロナウイルスに感染したことが判明した場合は、必ずご連絡ください。


真宗大谷派仙台教区 東日本大震災復興本部
真宗大谷派仙台教区 青少幼年部 保養班

趣 旨

THE SPIRIT

子どもたちを放射能から守りたい

 
東京電力福島第一原子力発電所の事故が起きた後、真宗大谷派仙台教区に全国の関係団体・寺院・僧侶・ご門徒などからたくさんのご寄付をいただきました。その想いのこもったお金を「子どもたちを放射能からまもろう基金」として、岩手・宮城・福島の若手僧侶が中心となって様々な支援事業や保養事業を行ってまいりました。
今回、岩手県花巻市の「大沢温泉湯治屋」を会場として「そうだ!岩手の温泉に行こう」という保養事業を企画しました。その願いは、

①子どもたちが笑顔になるために、まずお父さんお母さんも笑顔になってほしい
②TVやゲームからはなれて、家族水入らずの時間を過ごしてほしい
③お出かけ気分で気軽に温泉へ
④今後も保養などの情報を共有していきたい

どうか全国の支援してくださる方々の想いと温泉で、ゆっくり家族の時間を温めてください。


いわての温泉に泊まろう!の概要

SUMMARY

主催

真宗大谷派仙台教区 青少幼年部 保養班

場所

岩手県花巻市「大沢温泉 湯治屋」
〒025-0244 岩手県花巻市湯口字大沢181

対象

福島県在住、あるいは原発事故により県外に避難している18歳以下のお子さんがいる家庭

募集

毎月2家族(※必ず家族でお申し込みください、大人だけ・子どもだけの参加申込みはできません)

申し込み先

承諾事項に同意いただき、専用申込フォームよりお申し込みください

抽選日

申込月の3カ月前の1日(例:3月分の抽選は12月1日)

申込開始日

申込月の4カ月前の1日~末日までの1カ月間(例:3月分の申込みは11月1日~30日)

当選発表

当選者には事務局より電話にてご連絡差し上げます。

 

宿泊日は毎月第3土曜・日曜です。

 〇問い合わせ先:「真宗大谷派 仙台教務所」
 ☎022-297-2824 (担当)江口   
※この企画は真宗大谷派仙台教区の事業ですので、大沢温泉ではなく「仙台教務所」にお問合せください。