そう、家から近く 街中にあるお寺です

2018年 東北別院報恩講のお知らせ ・・・ ①



 今年も東北別院では、


   10月15日(月〜 17日(水)


の3日間にわたり「東北別院報恩講」をお勤めいたします


 報恩講とは、浄土真宗の教えを聞き開いた方である「親鸞」(1173〜1262)という方のご命日を、それぞれのお寺でお迎えする法要であり、浄土真宗のお寺の一年で最も大きく、大切な行事といえます。


 朝から夕方まで何度かに分かれて法要がございますので、どうぞお時間のあるときに足をお運びいただき、手を合わせていただく機会となっていただければ幸いです。


 なお、法要の後には、遠方より講師をお招きしての法話もございます。今回は京都の大谷大学で長年にわたり仏教学の教鞭をとられ、九州大谷短期大学学長・大谷大学名誉教授・九州大谷短期大学名誉学長を歴任された、古田 和弘(ふるた かずひろ)氏がお越しくださいます。この機会に仏法のお話に触れてみられてはいかがでしょうか?




※全席イス席となっておりますので、長時間の正座が困難な方でも安心してお参りいただけます。

※お手数ですが、公共交通機関のご利用をお願いいたします。もしお車でお越しの際は、近隣の有料駐車場をご利用ください。






 

2018年 東北別院報恩講のお知らせ ・・・ ⓶ 日程


 東北別院の報恩講、初日は14時よりお逮夜が勤められます。勤行の後に、講師先生よりご法話をいただき休憩。その後、次の法要開始という形になります。法要の開始は、


◎ 1日目

 14時〜 逮夜法要

 17時〜 初夜法要


◎ 2日目

  7時 〜 晨朝法要

 10時〜 日中法要

 14時〜 結願逮夜法要

 17時〜 初夜法要(『御伝鈔』拝読)


◎ 3日目

  7時 〜 結願晨朝法要

 10時〜 結願日中法要

      御浚法要

となっております。お参りの方は、上記の時間まで堂内にお集まりください。


 お勤めの僧侶方の出仕者は、輪番や列座を始め仙台教区声明会を中心に、教区内寺院の方々に参加を頂いております。また、法要が円滑に進むようにと、お世話方として仙台組内の坊守さんや仙台組内や東北別院のご門徒の方々、推進員の方々と、多くの方々のお力添えを頂きまして、報恩講をお迎えしております。




日程はこちらをご覧下さい →  

2018-10-東北別院報恩講チラシ表_01.JPG2018-10-東北別院報恩講チラシ表_01.JPG2018-10-東北別院報恩講チラシ裏_01.JPG2018-10-東北別院報恩講チラシ裏_01.JPG

DSC_0703_01.JPG     報恩講全景.png   





 

地図(MAP)


東北別院までの地図は、こちらをご参照ください。






10/1 報恩講をお迎えする準備が行われていますicon_new.gif


 報恩講に向けて、東北別院では庫裏の清掃が行われています。