教区ロゴ ifm付透過.png


受け身の踏み込み_花大きい版ver2.jpg

三部経トリオ_clear_kan_mini.png

こちらのコーナーでは、ペンネーム「ふじい のぞみ」さんによるコラム『受け身の踏み込み』を掲載しています。日々の出来事が、どのように綴られていくのでしょうね。乞うご期待!


「密やかな意志





「ご主人は?」


 と、様々な場面で尋ねられることがあります。




 日常的に使い古された何気ない呼び方ではありますが、私は『主人』という言葉を一度も使ったことがありません。


 この言葉の意味について考えれば考えるほどザワザワするので、私はそれを使わないと決めています。


 誰かに力説しようなどとは思いませんが、その言葉を使わないのは、密やかな私の意志表示です。




























     




     

「20年前の手紙




 保育園や幼稚園の先生を目指す学生さんたちが学んでいる大学で、保育について講演することになった。そこで、保育関係の仕事に初めて就いたときの気持ちを思い出そうと、当時の資料が入ったダンボールを引っ張り出してきた。約20年分のほこりが被ったダンボールの中から 卒園間近の子どもに貰った手紙を見つけた。たどたどしい文字が、ノートの切れ端に綴ってあった。


   ののちゃんへ
   ののちゃんもうすぐであえないね
   だけど げんきおだして
   そのあいだにいっぱいあそぼうね
   わたし ののちゃんがこころでまもっていましたよね
   わたし きこえました


 子どもたちは、私のことを『ののちゃん』と呼んでいた。そのことについて職員会議の議題に上ったこともあったけれど、結局子どもだけでなく、保護者にも先生達にも呼び名は浸透していった。


 手紙には「ののちゃんがこころでまもっていましたよね」と書いてあったけれど、私も子どもたちに守られていたなと思うし、子どもたちに育ててもらった、とも思う。保育の現場は一方通行ではなく、ともに育ちあう場なんだなぁと手紙を読み返しながら しみじみと思った。


 手紙の裏にはピンク色のペンで、こんなことも書いてあった。



   しずかにしているから
   かレしのなまえをおしえて
   なまえ(     )



     




     

「怪談




 これは、私がとある勉強会に参加したときに体験した出来事です。



 勉強会が始まるのを待っていると、後ろの席から女の人の声が聞こえてきました。

 「坊守さんは、お元気ですか?」



 すると、間髪入れずに男の人の声が・・・

 「お寺のことを全部やらせてるから こういうのに出て来れんのですわ。」





 あまりにも恐ろしくて、私は後ろを振り向くことができませんでした。

 身の毛がよだつ恐ろしいホントの話。





 嫌だなー。怖いなー。変だなー。


odoroki.png




     




     

「最近の出来事




 「せんせい、けっこんしよう!」そう言って3歳の女の子が抱きついてきた。

子ども+ハート.png





 短期間でいいから働いてもらえないかと近所の幼稚園を紹介された。年度末に人手が足りなくて困っているというその園を見学して思うところもあったが、これも何かの縁だと思い立ち、引き受けることにした。そこで私はプロポーズされた。




 私は幼稚園嫌いな子どもだった。最初に通ったキリスト教の幼稚園も、次に通った仏教の幼稚園も大嫌いだった。どちらの園も忙しく、決まりごとが多かった。


 早生まれの私は園生活についていけず、給食の時間などは決まってビリで、毎回えずきながら食べていた。いつも先生に怒られていた。楽しかったこともあったに違いないが、思い出せない。そんな幼児期が影響したのか、私は大学で幼児教育を専攻し、卒業後は子どもに関わる仕事に就いた。子どもの育つ環境についての興味が尽きず、国内外の幼児教育施設の視察に出かけたりもした。





 シアトルに私の理想の幼稚園がある。自然豊かで室内環境も充実していて、子どもたちは登園してくると、目を輝かせながら個々に遊び始める。絵を描く子、本を読む子、ごっこ遊びをする子ども達もいれば、何日もかけて積み木で街を作っている子ども達もいて、いろんな種類の遊びが同じ空間の中で同時に展開していく。


 先生はそれぞれの子どもの関心興味を見極め、環境を整えていく。肌や目の色が違う赤ちゃんの人形などもあり、異なる人種や文化に触れる機会が目的をもって環境の中に準備されている。


 子どもたちも自由だが先生たちも自由、服装も髪型も実に個性的。私が尊敬するエマ先生はブラウスにロングスカートの出で立ちで、歌うように子どもらに語り、踊るように子どもから子どもへと移動する。


 オムツを替える姿さえ優雅な彼女は、「私たちは、子どもにとって親以外で長時間関わる初めての大人でしょ。憧れの存在でありたいわ。」と言う。人的環境としての自分をつねに意識している先生だった。



 年度末から年度始まりの2カ月間、近所の幼稚園で働いた。そこには、私のような子どもが何人もいた。


 プロポーズの子も居残り給食の常連だった。


 働いている期間中、何度もエマ先生のことを思い起こした。エマ先生の記憶が私を照らし、私を律してくれていたように思う。私が子どもたちの憧れの存在に成り得たかどうかは分からないけれど、あの子は「せんせい、けっこんしよう!」と言った。あの子に好きな先生ができてよかったなと思う。実りある2か月間だった。

1009230.png








     




     

「違和感からの問い




 「おじゃまします」の言葉に違和感を覚えた。私が引っ掛かりを感じたのは、定期的に仮設住宅を訪ねている有志グループに誘われて、はじめて炊き出しに行った時のことだ。



 お坊さんや焼肉屋さんやフリーターや主婦や大学生など、多彩なメンバーと一緒に現地に向かった。到着すると、お坊さんが「おじゃまします」と言って頭を下げ、敷地の端の方に手慣れた様子でテントを張り始めた。


(ん???)


 私は違和感を覚えた。


 が、その理由を見つける間もなく、子どもたちが群がってきた。大人たちも家から出てきて、炊き出しの準備を手伝って下さったり、朝採ったホタテや今日のために仕入れておいた鯨の刺身を差し入れて下さったりした。新参者の私も、食べて飲んでお喋りして共に一夜過ごさせてもらった。



 我が家の冷蔵庫には、随分前から一枚のメモが貼ってある。



『思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

 言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

 行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

 習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

 性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。』



 マザーテレサだったか、ガンジーだったか、誰かが言った言葉のメモを見ながら ふと思う。お坊さんが言った「おじゃまします」の言葉は、『おじゃまします』の思考だったから出た無自覚の言葉だったのかもしれない。『来てやった』の思考からは、けして出てこない言葉だと思う。「おじゃまします」に違和感を覚えた私は、仮設住宅で無自覚に何を思い、何を考えていたのだろう・・・



1005828.png








     




     

「芽吹きの頃に


 木々の枝先に春を探す頃になると、ある思い出が蘇る。


 もう随分前になるが、私は幼稚園に勤めていた。


 4月から小学生になる年長のクラスでは、この時期になると「ランドセル買ってもらった!」「もうすぐ机がくる!」「新しい靴買った!」と、熱気を帯びた子どもたちの声で溢れかえる。


 そんな中で、おさがりの机を貰ったと小声で報告してきた男の子がいた。「お母さんの使っていた机をもらえるなんて、すごくステキ!みんなにも教えていい?」と私が尋ねると、目を輝かせて嬉しそうに何度も頷いた。


 数日後、同じクラスの女の子が、おばあちゃんの家から古い机を貰ってきたと教えてくれた。聞けば、お母さんの使っていた机が欲しいと自分からお願いしたとの事。友だちの机の話を聞いて「ステキ!」と思ったのだそうだ。彼女はクスクス笑いながら「机にね、シールとか貼ってあったの。お母さんは知らなかったけど、私は知っているから貼らないよ。大事に使う。」と言った。


 6歳になったばかりの子どもが、自分の机を誰かにあげる日が来るかもしれないと考えていた。想定外の発言に驚かされたが、思わぬところで芽吹きを発見したような心持ちで嬉しくなった。


 もしかしたら今頃、彼女の机を次の小さい人が使っているかもしれない。


754333.png








     




     

私はインド


 インドから帰国する日、現地を案内してくれた友人が


「かみさまがブレッシングしてくれたから うまくいきました。わたしたちは、ブレッシングされています。」


と涙ながらに言った。


 ブレッシングとは神様の恩恵という意味で、彼女曰く、神様が恩恵を下さったから交通事故にあうこともなく、無事に過ごせたというのだ。私もそうだなと思い、感激して一緒に嬉し涙を流した。




 久しぶりのインドは、相変わらずだった。


 道路事情ひとつ挙げても インドは混沌という言葉がしっくりくる。平然と牛や豚や山羊が道路を塞ぐ。数年前に訪れたときは、道路を闊歩している象に出くわしたし、今回は野生の虎が出没する危険な峠を越えた。


 車の運転も凄まじい。


 友人が言っていたが、この国の人は、車を購入すると もれなく道路も自分のものになると思い込むらしい。冗談だろうが、交通ルールは有って無いようなものだから 否定はし難い。渋滞が至る所で起こり、クラクションが怒号のように鳴り響いているのがインドの常だ。




 日本に戻ってきてふと思う。ふと、考えてしまった。


もしも交通事故にあったとしたら…
もしも峠で虎に噛みつかれたとしたら…


それは、恩恵に恵まれなかったことになるのだろうか?




 釈然としない、あのとき無邪気に感激の涙まで流したというのに。クラクションが鳴り響く、私は相変わらず混沌としている。


385273.png








     




     

気づかぬうちに押し売りをしていました


 いつからだろう、カレンダーを買うようになったのは。



 年の瀬になると 頂きもののカレンダーの中から1年間壁に貼られるものが選ばれ、それ以外は遊び道具になった。棒状に丸めて折れるまで振り回したり、裏面が白いものには絵を描いたりした。そういえば、母は小さく切ってメモ帳にしていたっけ。



 かわいい子犬や世界の絶景写真が載ったカレンダーを使ったこともあったが、ここ数年は同じ出版社が出している日付と格言が書かれたシンプルなデザインのものを購入している。毎月カレンダーをめくるたび、そこに書いてある絶妙な格言に「よぉーし!」と力が湧く。私はいたく気に入っているこのカレンダーを 親しい友人にも毎年贈っていた。



 つい先日、その友人からメールが来た。

「今年はカレンダーを送らなくても大丈夫です。格言のように生きられなくて毎月落ち込んでしまうの。ありがとう。せっかくだったのに。ごめんね。」



 思いもよらない文面だった。もう何年も落ち込んでいる友人への愛情のつもりだった。元気づけたかった。何かしてあげたかった。自分が良いと思ったものだから きっと友人も気に入ってくれるはずだと思い込んでしまった。私は自分の行為に 少しの危惧も感じていなかった。むしろ、良いことをしていると密かに自負していたようにも思う。



 一度たりとも友人に要否を尋ねることなく、私は一方的にカレンダーを送り続け、友人は振り回すことも 描くことも メモ帳にすることもなく 押し付けられたカレンダーを壁に貼り、毎月眺めては落ち込んでいたのだ。



 しみじみと自分の浅はかさを恥じ入る、年の瀬である。





2017-12-イラスト.PNG



     




     

「勝手な私」



 マンションの駐輪場で自転車を盗まれた。

 それからというもの、歩いていても車の運転をしていても やたらと自転車が気になる。もしかして私のじゃないかと思い、すれ違う自転車をつい目で追ってしまう。


 誰が盗んだ?


 気づけば、当てのない犯人捜しの妄想で時間を無駄にしている。


 あるとき、駐輪場でよく見かけていた中学生を疑っている自分に気づき、ドキッとした。いつも浮かない表情をしている少年のことは、前々から気になっていた。私から挨拶をしても 薄ら会釈返すだけ。声を聞いたこともなかったけれど、その姿を見かけるたびに「少年よ がんばれー!」と思っていた。


 思春期真っ只中でいろいろと悩んでいるに違いないと思い、勝手に応援した。そして今度は、何の証拠もないのに勝手に疑っているのだ。なんて勝手なのだろう、私は。




 程なくして自転車は見つかった。

 すれ違う自転車を目で追うことはなくなったが、なんだか気まずい。

 私は気まずさを勝手に抱えている。


910188.png


     




     

「また、種を蒔く」



 夏真っ盛りの頃、東北から九州に引っ越した。

 不本意とはいえ、ひとりの時間ができるのだから しばらくは読書をしたり、執筆したり、のんびり自宅で過ごそうと思っていた。



 しかし、部屋には前住人のニオイが微かに残っていて、なんとも居心地が悪い。外出しようにも暑過ぎるし、そもそも行く当てもない。



 唯一の行きつけは、近所の小さなスーパー。



 ある日、店の出入り口に見慣れない箱が置いてあった。「ご自由にどうぞ」と張り紙がしてあって、覗いてみると保存期間が過ぎて売り物にならない野菜の種が入っている。



 東北では畑を借りて野菜やハーブを育てていた。その畑で何度も育てたことがあるラディシュの種を貰うことに。ラディシュは二十日大根とも呼ばれ、その名の通り、短期間で収穫ができる。



 帰り際、「期限が切れているから芽が出ないかもしれませんよ」と店員から声をかけられたが、とにかく蒔いてみようと思い、足早に家に戻った。



 すぐさまホームセンターの場所をネットで調べる。急いで土とプランターを買いに行き、種を蒔いた。ついでに花壇も作った。


 その日から ベランダが私の居場所になった。



 1カ月過ぎた頃、ようやくラディシュを収穫。小さな実りをパートナーと分け合って食べた。



 15粒の種を蒔き、収穫できたのは2つだった。他人から見たら非効率な作業だと思われるだろう。でも、私には示唆に富む小さくて大きな収穫だった。期限切れの種が拠り所を与えてくれ、時間の経過を喜びとして見せてくれた。芽が出るか出ないかは、土に蒔いてみなければ分からない(やってみなきゃ分からない)ということも思い出させてくれた。





 カーディガンを羽織ってベランダに出る季節になった。



 もう、前住人のニオイは気にならない。


8e30fb1535e71794437d02d8381cb8ae_m.png